吉幾三 歌詞

吉幾三 歌詞

吉幾三、昔は面白い感じだったんですが今や実力派です。

駅ホテル予約 > 吉幾三 歌詞

吉幾三とは

吉 幾三(よし いくぞう、1952年11月11日 - )は演歌、コミックソング歌手、作詞家、作曲家、俳優である。青森県北津軽郡金木町(現・五所川原市)出身。本名は鎌田 善人(かまた よしひと)。血液型はB型。父は民謡歌手の鎌田稲一。次女は女優の寿三美(ことぶき みみ)

1952年(昭和27年)11月11日に青森県で生まれる。1972年(昭和47年)3月1日に山岡 英二として「恋人は君ひとり」で歌手デビュー。1977年(昭和52年)11月25日に吉 幾三と改名、自作曲「俺はぜったい! プレスリー」を発売。スマッシュヒットとなって映画化されるが、この後しばらく低迷する。

1984年(昭和59年)3月25日、千昌夫へ提供した「津軽平野」が発売。同年11月25日、今度は「津軽平野」を提供した千昌夫からのプロデュースを受けて、背水の陣で臨んで発売された「俺ら東京さ行ぐだ」が大ヒットする。1986年(昭和61年)2月25日、自ら作詞作曲を手がけた「雪國」を発売。初のオリコン1位を獲得するなど、シリアスな楽曲によってコミックシンガーから本格的演歌歌手へと脱皮を遂げる。

ウィキペディアより抜粋。

吉幾三 コンサート

吉幾三さんは昔はコミックソングを歌っていたのですが、いまでは実力派の演歌歌手ですよね。

それでもテレビで見かけたときはやっぱり面白いおじさんのイメージではあるのですが。

雪國、のヒットがこの人を実力派と認識させたと思います。

いい曲があって、面白いトークが聞けるのですから、コンサートは楽しみなんです。

吉幾三 歌詞 トップへ戻る