中条きよし うそ

中条きよし うそ

中条きよし、といえば「うそ」、必殺仕事人、でしょうか。
おばさまキラーだったのは間違いないと思います。

駅ホテル予約 > 中条きよし うそ

中条きよしとは

中条 きよし(なかじょう きよし、本名:下村 清、1946年3月4日 - )は、日本の演歌歌手・俳優である。所属事務所は太田プロダクション。岐阜県岐阜市出身。

作詞家・小説家の山口洋子の命名により芸名を中条きよしに変え、山口が作詞し平尾が作曲した演歌「うそ」で1974年1月、キャニオンレコード(現・ポニーキャニオン)から3度目(中条本人によればこれが正式)のデビュー。150万枚を超えるヒットを記録し、この年の第16回日本レコード大賞の大衆賞など、数多くの音楽賞を受賞。

もともと中条は役者志望で、1981年、ABCテレビ制作の人気時代劇“必殺シリーズ”の『新・必殺仕事人』に、闇の殺し屋集団「仕事人」チームの一人、三味線屋の勇次役でレギュラー出演。

ウィキペディアより抜粋。

必殺仕事人 中条きよし

中条きよし、といえば「うそ」の大ヒットと、必殺仕事人、三味線屋の勇次。

黄色い三味線の糸を巧みに扱い、梃子の原理で悪人の首を締める殺し技と、ほとんど笑顔を見せないクールな風貌。

母親役であるおりく(山田五十鈴)を慕い、主役である中村主水(藤田まこと)とは正反対に、家庭を持たず普段は三味線作りと

三味線の先生をしながら、夜は女性遊びを日課にしているという粋な仕事人の姿で、女性ファンの人気を獲得していました。

子供心にも、いい男だ、と思っていました。

かっこよすぎてズルいんじゃないか、とも思っていました。

中条きよし うそ トップへ戻る