建国記念日

建国記念日

建国記念日のいわれを調べてみました。

駅ホテル予約 > 建国記念日

建国記念日とは

スポンサード リンク

国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条は、建国記念の日の趣旨について、「建国をしのび、国を愛する心を養う。」と規定している。

この規定に基づき、佐藤内閣が建国記念の日となる日を定める政令(昭和41年政令第376号)を定め、「建国記念の日は、二月十一日」とした。

2月11日という日付は、明治時代の初期[1]に定められ1948年(昭和23年)に廃止された紀元節と同じである。

紀元節の日付は、『日本書紀』にある神武天皇が即位したとされる日(辛酉年春正月庚辰朔)に由来する。

だそうです。

建国記念日 紀元節

もともと定められたいきさつが、紀元節の復活にあったようで、これが神国日本の復活をイメージさせることから、
色々反対があったようです。

それは第二次世界大戦に参戦した軍国主義を思い出させるからということでしょう。

実際、今でも、毎年2月11日には反対派の方々が色々と運動をされます。

今の日本は平和ではありますが、世界ではまだまだ争いが絶えません。

かつて国家によって多くの命が奪われた歴史を忘れないための記念日として考える必要もあるでしょう。


それにしても、自分の国が出来た日を単純に祝うことが出来ないというのもおかしな話です。

神国日本ならぬ深刻日本というところでしょうか。

建国記念日 トップへ戻る