五木ひろし 演歌

五木ひろし 演歌

五木ひろし、だれもが知ってる大御所の男性演歌歌手です。

駅ホテル予約 > 五木ひろし 演歌

五木ひろしとは

五木 ひろし(いつき ひろし、本名:松山 数夫〈まつやま かずお〉、1948年3月14日- ) は、日本の歌手。

作曲家、俳優でもある。血液型はA型。2007年、紫綬褒章を受章した。
京都府生まれ、福井県三方郡美浜町出身。所属事務所はアップフロントエージェンシー。
父親は鉱山技師で鉱脈を追って家族で各地を転々とし京都府で生まれる。

生後、三重県に少し住んだ後、福井県美浜町に移り、父親は鉱山技師を辞め、建築用石材を扱う会社を興す。

元・阪神の川藤幸三は美浜駅を挟んで同じ町内の出身。少年時代に作曲家の上原げんとの内弟子となり、松方弘樹らと共に歌を学ぶ。

ウィキペディアより抜粋。

五木ひろし コンサート

五木ひろしさんは、みんな知っているので、いまさら紹介することもない訳ですが、なんといっても、よこはま・たそがれ、でしょう。

売れなかった五木ひろしさんの大ヒット曲です。

この曲、歌詞は単語の羅列、こぶしを握り腰をシェイクという非常にわかりやすい特徴で日本人の心をつかみました。

カラオケでは今でも誰かが歌っています。

その後は数々のヒット曲を飛ばし、紅白も大トリを務めるほどです。

私としては、そして…めぐり逢い、も印象に残る歌ですが。

苦労人である五木ひろしさんのコンサート、楽しいでしょうね。

五木ひろし 演歌 トップへ戻る