橋幸夫 歌

橋幸夫 歌

橋幸夫はあれだけ物まねされるということはやっぱり御三家なのか。

駅ホテル予約 > 橋幸夫 歌

橋幸夫とは

橋 幸夫(はし ゆきお、本名:橋 幸男(読み同じ)、1943年5月3日 - )は、東京都荒川区出身の歌手、俳優、プロデューサー。血液型はA型。

1960年に「潮来笠」でビクターレコードからデビュー、同曲で第2回日本レコード大賞新人賞受賞。後にデビューした舟木一夫、西郷輝彦とともに「御三家」として人気を集める。

1962年、吉永小百合とのデュエット曲「いつでも夢を」が30万枚以上を売り上げる大ヒットとなり、第4回日本レコード大賞を受賞した。1966年、「霧氷」で再び第8回日本レコード大賞を受賞。人気と実力を兼ね備えた若手ナンバーワン歌手と目され、映画にも多数出演した。

ウィキペディアより抜粋。

橋幸夫 コンサート

橋幸夫といえば、ぼんちおさむのモノマネを思い出します。

しかしそれよりも、吉永小百合とのデュエット曲、「いつでも夢を」の方がいいでしょうか。

今聴いても、というか今こそ聴いておきたい曲だと思います。

いつでもゆめを、いつでもゆめを、と歌う若い二人が印象的です。

本当に高度成長期の夢一杯の時代を生きた人たちの歌だったように思います。

おれも、年をとったということか。

橋幸夫 歌 トップへ戻る